Lean Baseball

Engineering/Baseball/Python/Agile/SABR and more...

【考察】Pythonistaな私がChefからAnsibleに乗り換えた話

先日、友達が企画したプライベートな勉強会*1があり、そこで何をしゃべろうかと悩んだ結果、PyCon JP 2014で話した野球ネタから開発寄りの話をやろう!と思いつきこんなスライドを書いてプレゼンさせてもらいました。

www.slideshare.net

将来のChef Solo引退*2に備え、Ansibleをはじめましたよ!という話のイントロでPyCon JP 2014の話を織り交ぜた訳ですが、このスライドを書きながら思った事が幾つか。

思ったこと

  • サーバー構築自動化のベストプラクティスは取り扱う案件・プロジェクト規模、ぶっちゃけて言うとサーバーおよびRolesの数で使い分けるべき?
  • プロジェクト規模・台数で分岐点がある場合、AnsibleとChefは明確な使い分けができる、と思っているのですがどうなんだろう?

使い分けの観点は上記スライドの途中にちょこっと書いてます。

個人的には1,2台ならAnsible、10台以上だったりロール管理をしなきゃアカン時はChef Server立てるぐらいがいいのかなと思っています。

と、いう事を本日#pyhackで、Ansible Playbookを分割したりディレクトリ構成を変えたりしながら改めて思いました。

この辺り、「意見あるお!」って方是非ともフィードバックよろしくどうぞ!(自分自身、まだ勉強中なので。。。)

*1:知りたい方、気になる方はなんなりとご連絡を。趣旨を説明の上、同意してくださる方であればご招待いたします!

*2:From Solo to Zero: Migrating to Chef Client Local Mode | Chef Blog