読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Lean Baseball

Engineering/Baseball/Python/Agile/SABR and more...

野生の野球アナリスト的野球観戦のススメ〜私のこだわり

f:id:shinyorke:20141116163336j:plain

アルチューベちっちゃい!かわいい!

…久々の野球観戦、もっと言えば今年初の野球観戦ですこんにちは。

現地でiPhoneからブログ書いてます。

私はデータで野球を見るのが大好きで、普段はTVを片目でみつつもう片目でデータを追う、みたいな見方をしています。

そんな私が生で球場に行く時のこだわりはこんな感じです!

私のこだわり野球観戦


  • バックネット裏もしくは三塁側内野席を確保する
  • 投手、内野手、ランナーの動きに注視する
  • なるべく記録を取る(写真とツイート)
  • ビールは絶対頼む
動きに注視、写真とツイート、ビールは説明不要な気がするので、一番大事なところだけ解説しますね。

バックネット裏もしくは三塁側内野席を確保する

f:id:shinyorke:20141116171437j:plain
自分でチケットを取るときに必ず課してるルールです。

内野、投手、ランナーの動きを見るのにはやっぱり内野席が最適です。

特に三塁側の席は重要で、
  • ランナーがこっちに向かって走ってくる=試合の"生きてる"状況が掴みやすい
  • 監督と選手の橋渡し、得点を司る"信号機"である、三塁コーチと同じ視点で野球を楽しめる
  • 内野のポジションチェンジが把握しやすい
日本の野球では、ホーム側は一塁側ベンチに陣取る、がデフォですが、メジャーの場合は試合を把握しやすい三塁側ベンチにホーム側、というケースが多いです。

そんなメジャー流を真似て、私も三塁側で見るようにしています。

選手の動きも見やすい、視界が広いから写真やツイートでの記録も困らないといいことだらけです。

うまく前の方に座れたらビールの確保も楽ですw

唯一の欠点は、チケット代が高い事ですが、まあ年に何試合も見に行かないのでいいかな、と思ってます。

以上、東京ドームからでしたー。