Lean Baseball

No Engineering, No Baseball.

やりたい, と思うことをやる. - 2022年の抱負

年末年始, ちょっとだけ実家(北海道)に帰ってたマンです. ちなみに写真は大晦日の日に散歩の途中で撮った斜里岳です, また登りたいなあ*1. それはそうと, 新年あけましておめでとうございます このエントリーは, 2022年の目標 目標達成に向けてやっていき…

自分にとって忘れられない「2021年」というシーズンと, 来シーズンに向けて

写真はたまたま飛んでた飛行機を撮っただけで特に意味はありません.*1 このエントリーはひと言で言うと「今年(2021年)の振り返り」でして, 言うたら日記です. 今年一年, 自分にとってどういう年だったかをひと言で表すと, ビジネスマンとしても人間として…

今いちばんオススメしたいPython本 2022 - 初心者からプロまで仕事に活かせる3冊 + α

2021年も数多くのプログラミングやPythonを扱った素晴らしい書籍とたくさん出会いました. 私はリアルの本屋さんに行くのがとても好きで(ECの本屋さんも好きですが), 技術書のコーナーには必ずと言っていいほど足を運ぶのですが, 年々「Python」というラベ…

App Engine上にあるAPIの認証をCloud Endpoints + Firebaseでいい感じにしてみた

つい最近, 学生に見られてしまった42歳*1(外資コンサル企業マネージャー)です. 今, プライベート(いわゆる個人開発)でWebサービスを開発しようとしているのですが, Webサービスの性質上, 何らかの認証機能が必須 ↑が必須なのはわかるけど, 自分で開発(…

エンジニアのための「ミーティング・メモ」入門 - クラウドサービスとVSCodeを添えて

10月からコンサルタントに出戻りしたエンジニアです. 入社前に想定していた以上に毎日が楽しいです*1. それはさておき, つい先日に前職の同僚であるエンジニアリングマネージャーの@jazzsasoriさんとサシ飲みしたのですが, 「エンジニアリングマネージャーと…

ビッグボス新庄剛志様にお願いしたい, 来シーズンのファイターズをいい感じにしてくれ!っていうはなし(セイバーメトリクス風味)

いつもの野球エンジニア&データサイエンスブログ,,, というよりファンの熱い思いと思って読んでください(真顔) 1995年頃の阪神タイガース, 新庄剛志外野手と藪恵壹投手を見て野球ファンになった者です. blog.hatenablog.com そして、どっぷりと野球にはま…

エンジニアからデータサイエンティストへのキャリアチェンジのお供に「Pythonではじめる数理最適化」は良い教科書になるかもしれない

良い本良い魚良いお酒でした 秋も深まり, 緊急事態宣言が解除された今日このごろ, お酒を片手に読書がだいぶ捗るようになりました 酒と魚の話はさておき*1, 長いこと友人かつRetty時代の元同僚である岩永さん(とその仲間たち)*2が, 「Pythonではじめる数理…

実践Streamlit & Flask - AIプロジェクトをいい感じにする技術 - PyCon JP 2021で登壇しました+ふりかえり

ハンカチ王子ことYuki Saitoの引退試合を見ながら書いてます⚾*1 それはさておいて, PyCon JP 2021にて, 「実践Streamlit & Flask - AIプロジェクトのプロトタイピングから本番運用までをいい感じにするPythonicなやりかた」というトークをしてきました. 【ス…

scikit-learnで作った雑なモデルをAPIにしてFlask + GAE + Github Actionsでいい感じにデプロイした話 - 迷ったらGAEスタンダードで

日ハムのサヨナラ勝ちで変な声が出た人です. あ, 斎藤佑樹選手お疲れ様でした*1 それはさておき, 今日は毎年参加している「PyLadies Tokyo ○周年記念パーティー(今年は7周年)」でこんなLTをしてきました. Flask + Google App Engine(GAE)でWeb APIをデプ…

データサイエンティストとエンジニアがチームプレイでいい感じにプロダクトをつくるためには? - なんちゃってClean Architectureとテストを添えて

このエントリーを書いてる今日(9/29)と明日で有給消化期間が終わるマンです. 20日間, Banksy展を楽しんだ&新しいメガネを求めて新宿に行った以外, 地元の杉並区〜吉祥寺エリアからほぼ動きませんでした. Stay Home的な意味合いもあるのですが, 10/16(土)…

Webな事業をする会社のエンジニアから再びコンサルの世界に戻るはなし - 42歳シニアエンジニアの大冒険のはじまり

文脈的には「誕生日迎えましたやでー」という前回エントリーの続きです. まず報告ですが, 今日がJX通信社最後の出社でした。今月いっぱい休んで次に備えます。データ基盤からAIワクチン接種予測から何から何まで最高のお仕事を最高のチームでさせてもらいま…

41歳のPay-Off Pitch, 42歳のFirst Pitch - 誕生日なので近況報告など

近況報告も兼ねてたまには日記として書きます. 今日で42歳になりました. コロナ渦の中でも, 健康に元気に仕事もプライベートも生きていけているのは友人・職場の同僚・両親に家族そしてこのブログを含めて応援してくださっている方々のおかげです. いつもい…

野球のビッグデータをGCPとPySparkでいい感じに使いやすくしてみた - DataprocとGCFを使った緩いデータ基盤

最近の野球界隈の出来事が斜め上すぎて驚いてるマンです.*1 本業の仕事および, 本業じゃない個人開発や趣味プログラミングにおいて, データの量が多くて 単位やフォーマットが不揃いで それでも仕事(もしくは趣味の分析)をこなすため, いい感じの使いやす…

「実践Django」から学ぶ「プロとして学ぶ・実践すべきWebアプリケーション開発」のこと

PythonでWebアプリケーションをよく作るマンです. 来週(7/19)に発売となる, 「実践Django Pythonによる本格Webアプリケーション開発」の書籍レビューに参加させていただきかつ, 執筆者の@c_bata_さん, 出版元の翔泳社様のご厚意により一冊いただきました. …

仕事する前に知っておくと幸せかもしれないpandasのきほん - read関数にはとりあえずURL渡しておけ

お仕事や, (個人的には)趣味のデータ分析・開発などでpandasをよく使う人です. pandasはPythonでデータサイエンスやデータ分析(解析)をやってると必ずと言っていいほどよく使うライブラリだと思います. お仕事で同僚やインターンが書いたnotebookをよく…

野球AIが選ぶTOKYO 2020侍JAPAN24名 - 機械学習で忖度無く選んでみた.

※【注意】あくまでもお遊びです, 冗談半分で読んでください! 「野生の野球データサイエンティスト」です. 本日ついにTOKYO2020侍ジャパン, 24名の内定選手が発表となりました. www.japan-baseball.jp 24名の選出って難しいですよね...中の方は色々ご苦労と…

チームでもっとも貢献している(足を引っ張っている)打者は誰なのか?12球団の打者パフォーマンスを可視化してみた

2021年プロ野球が開幕して一ヶ月半くらい. 佐々木朗希がついに一軍デビューしたり, 伝統の一戦「巨人阪神戦」が昨日で通算2,000試合になったり, 日々話題に欠ける事無く楽しいですね. 日々流れてくるニュースも気になるとは思いますが, 贔屓チームを推してる…

"自分のために書いたブログ"が結果的に人の助けになる - 私が技術ブログを書き続けるモチベーションとその背景

こういう話です 昨日(4/26)の話になりますが, 週刊はてなブログの企画「エンジニアのブログ探訪」で“ブログを書き続けること #とは ”をテーマに受けたインタビューが公開されました. blog.hatenablog.com はてなブログおよびその周りの関係者および, イン…

「仕事ではじめる機械学習 第2版」を読んで思った「ソフトウェアエンジニアとデータサイエンティスト, ML Ops」のこと

このエントリーのテーマです このエントリーは, 「仕事ではじめる機械学習 第2版」出版お祝いのエントリーとなります. 仕事ではじめる機械学習 第2版作者:有賀 康顕,中山 心太,西林 孝オライリージャパンAmazon 私自身, 第1版登場の2018年頃*1から「機械学習…

自分のデータ分析のためにRedashを構築した話 - 個人開発におけるデータ分析環境つくりとコストについて

久々に個人開発のはなしです. 昨年(2020)の話になりますが, 自分が気になる世の中のニュース(野球とかグルメとかいろいろ)だけをいい感じに集めてまとめて読みたい その中でも特に⚾, 速報とかいい感じに通知させたい ...という目的でデータ収集と通知の…

ダルビッシュ有さんは今シーズン何勝するのか? - 39歳までの成績をデータサイエンスで予測してみました

プロ野球とメジャーリーグの開幕が待ち遠しい人です⚾ 日米ともにオープン戦もはじまり, 球春が盛り上がってまいりました. 個人的には贔屓球団の動向*1がすごく気になるのですが, full-count.jp 昨年34歳にして初の最多勝, サイ・ヤング賞を惜しくも逃した*2…

誠意は言葉ではなくコードを書くこと - 2021年の目標・行動・スタンスについて

写真は近所で散歩した時に適当に撮ったやつです, 特に深い意味はありません. このエントリーはいわゆる「今年の抱負」的なやつです. 気がつけば1月も終わり, 2月も半分が過ぎ, 雪が溶けて河になって流れてゆく季節が近づいてるのお〜という気候になってしま…

自分でシュッとデータ分析をできる人になろう - 「データ分析人材になる。」から学んだこと

新年あけましておめでとうございます 年末年始は色々と手を動かしつつ*1, 積ん読を消化していたのですが, 昨年最後の読書 特にこの本にオッってなりまして読み終わる寸前には, これもうすぐ読み終わるのですが、なぜ積ん読にしてたワイはってぐらい名著でし…

2020年の振り返りと2021年にやりたいこと

つい最近のビール駆動開発です 久々に技術でも本でも無い, 普通のブログです. 改めましてこんにちは, 早いもので2020年最後のエントリーになります. 今年2020年は(少なくとも人類として)生きとし生けるものすべて「COVID-19」に振り回された一年だったと思…

個人開発のプロダクトにおけるクラウド料金のはなし - GCPの年間コストをランチ一回分に抑えた話

GCP(Google Cloud Platform)を個人開発プロダクトの中心として使っているマンです. AWSやAzureなど他のクラウドサービスもそうですが, クラウドサービスを自分の財布から使ってる時ってめちゃくちゃドキドキしませんか?特にお金の話 gigazine.net 例えば…

Pythonで仕事をする人のための書籍まとめ2021 - 学習, 業務効率化, アプリ開発からデータサイエンスまで

2020年も多くの素晴らしい技術書がたくさん出ました. その中でも(昨今のトレンド・流行りも手伝ってか)Python本の多さ・充実度合いは目立つものがあります. (このエントリーを執筆した12/19時点で)Amazonの本カテゴリで「Python」と検索すると1,000件以…

Jupyterで計算・分析した何かをアプリっぽくプレゼンするまで - 33分4秒ではじめるStreamlit「雑」入門

サムネイルで出してる内容がそのままこのエントリーのテーマです. Pythonアドベントカレンダー2020の9日目です. JX通信社のシニアエンジニアで, 趣味で野球*1とヘルスケア*2なデータを分析してるマンの@shinyorkeと申します. ちょっとしたデータサイエンスで…

日本シリーズの途中ですが, チームの主砲は契約期間中に何本ホームランを打つか?AIに聞いてみました.

誰のことかは本文に答えが! かなり久しぶりに日本プロ野球のネタやってみました⚾️ 今年の野球も残すところは日本シリーズと(一番大好きな)ストーブリーグになりました. その日本シリーズですが, news.yahoo.co.jp 訓練された日ハム(パ・リーグ)ファンの…

野球好きのデータ分析初心者は「Rによるセイバーメトリクス入門」から探索するといいかもしれない

読売巨人軍, 福岡ソフトバンクホークスがリーグ優勝, ロサンゼルスドジャースが世界一となった今シーズンの野球ももうそろそろ終わりが見えてきました. CSで盛り上がったり日本シリーズに思いを馳せたり*1, 気持ちは2021年に向いていたり(?)それぞれ楽し…

エンジニアの辛い仕事をいい感じにする技術 - コンサルの仕事術・思想から学べること

エンジニアの辛い仕事を消す本かも(多分) 2014年の秋にリクルートに転職してから何社か経て今も自社サービスのエンジニアとして働いてるマンです. リクルートに入ったとき, そしてその後の転職先*1などなどで, 社内外問わずのコミュニケーションの辛さ. 社…