Lean Baseball

No Engineering, No Baseball.

データサイエンス・機械学習をやるためのエンジニアな本まとめ - 2019年版

ここ1〜2年くらいで、業務やプライベートのデータ分析・データサイエンスで参考にした本(と一部本じゃないもの)をまとめてみました(注:もちろん全部読んでいます).

「野生」への原点回帰と「新生」に向けての挑戦 - PyCon mini Hiroshima 2019レポート

写真はきっと珍しいパック中工事中の厳島神社です.*1 終了からちょっと経ちましたが, 「感想ブログを書くまでがPyCon」なので書きます. 10/12(土)に開催されたPyCon mini Hiroshima 2019に登壇者および個人スポンサーとして参加してきました. hiroshima.py…

生涯イチ・エンジニアとしてのキャリア - これから駆け上がる道について

今年に入ってから,色々と今後のキャリアのこと・人生どう過ごしていくか?を真剣に検討・行動し仕込みが終わったので言語化します(意訳:やっと言えるときがきた). 本日付で, 「プロの野球エンジニア」を卒業し, 明日から「ニュース・報道業界のエンジニア…

創造的なエンジニアリングにはザッソウが必要だ - 先達の方々と岩田さんからの学び

「エンジニアリング」って書いちゃいましたが, クリエイティブな仕事全般に活きる話かなと.*1 このエントリーでは, 創造的な活動にはザッソウは大切すぎるぐらい大切(語彙力) でも, 個人の戦闘力も磨くの大事.「独学プログラマー」にいいこと書いてるので…

イチ参加者としてのPyCon JP 2019 - 思ったこととか色々

PyCon JP 2019終わりましたねと. 参加された皆さまホントお疲れさまでした! 初めてフツーに参加しました 今年「あえて」一般参加者として初めてPyCon JPを堪能しました. 一応,毎年参加レポ残してるので今年も残したいと思います. TL;DR 数年に一度であれば,…

As i get closer to fifty

タイトルの通りです,今日で40歳になりました*1. 例のリストはこれです, よろしくおねがいします. 正直, 30代と比べて実感らしい実感はなくて(なんせ,これ書いてるの二日前の9/4です笑), 若干拍子抜けしてる感あります...が!? 自分の変化 周りの変化 今後ど…

WebをやるならDockerを試して学ぼう - 実務にDevOpsを持ち込むまでのハナシ

著者(かつ私の元チームメイト)のsakuさん(櫻井さん)*1のご厚意により, 頂戴いたしました. 試して学ぶ Dockerコンテナ開発作者: 櫻井洋一郎,村崎大輔出版社/メーカー: マイナビ出版発売日: 2019/07/25メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブロ…

コワクナイWebクローリング&スクレイピング - 初心者とPython使いのための作法とノウハウ

名著です,まじでオススメ 個人的にすごく気に入っているかつオススメな「Pythonクローリング&スクレイピング」の増補改訂版が出てました. Pythonクローリング&スクレイピング[増補改訂版] -データ収集・解析のための実践開発ガイド作者: 加藤耕太出版社/メー…

Pythonもくもく自習室, 2年目のポエム

先日, 7/27に開催した「Pythonもくもく自習室 #21(#rettypy)」で無事2年目を終え, 3年目に突入しました. 運営を協力してくれている, iwanaga-san, takeno-san, tsutsumi-sanおよびその他のメンバーの方々.*1 気前よく, 広々としたスペースをいつも提供してく…

技術と野球, キャリアのはなし- ブログ5年目の誕生日

何のひねりも無いエントリー,ただの日記です. このブログ, 公開してから今日で5年経ったみたいです. 見事なバレル・スイングですね(違) あっという間すぎて「もう5年か」って思いが強いです, ホームラン狙いでピニャータも割りたくなります(適当).*1 応…

退屈なことはPythonにやらせる...前に考えるべきこと

機械学習, データサイエンスを志向してPythonを勉強したり,この辺のエントリーで本を読み漁ったりすると*1, もしかして, 私の仕事ってプログラミングで楽になるのでは!? と気がつく(もしくはそういう記事・本を読んで触発される)瞬間があるかと思います, …

技術,野球,Pythonを続けること - DevLOVE Xで話したこと

縁あって,DevLOVEの十周年記念イベント「DevLOVE X」にて, 技術 野球 Python をテーマに,このブログの話をさせていただきました. devlove.wixsite.com ちなみに資料はこちらです. スライド風に読めるやつ 元ソース(Jupyter notebook) TL;DR 継続は力なり, ホ…

スラスラ教える・教わるPython - 押し付けない・楽しむプログラミング学習のカタチ

先々週は札幌、そして先週(というより昨日まで)沖縄とPython祭り真っ盛りでした. このエントリーは, PyCon Kyushu in Okinawa 2019でお話した, 「スラスラ教える・教わるPython」のふりかえりとなります. (自分で話した内容のまとめとか補足です). なお, …

入門pandas - 明日からはじめるデータ分析のきほん

こういうことやぞ サムネイルで描いた事がこのエントリーの全てです. Pythonでは、「pandas」というライブラリを使ってデータ分析や解析をすることが非常に多いです. でも、「利用方法(またはユースケース)」に合わせた入門ってあんまりない気がします. と…

平成の終わり - 2019前半ふりかえりと令和に向けて

写真は今月最初に花見したときの井の頭公園です. ぼんやりと空を眺めまわしてみる桜は最高でしたが、本題とは関係ありません.*1 それはさておいて、今日(2019年4月30日)は平成最後の日、なんやかんやでちょっとした大晦日感ある(それも、次はあと数十年先…

Baseball Mapping Talks+ #1 - 「頭を使わない野球を考える一日」のレポート

考えさせられますね おそらく最速レポートかも? 本日はこちらのイベントのお手伝いをさせていただきつつ、数々のお話を聞かせていただきました. connpass.com なお、こちらのエントリー(に限らずこのブログそのもの)は所属する(株)ネクストベースの見解…

「管理ゼロで成果はあがる」を読んで - 組織と自分を変えるヒントとか学びなど

読了から二ヶ月経過して今さら感もありますが、すごく良い本でしたので感想を. セルフマネジメントの大切さを学びました 倉貫さんの新著、「管理ゼロで成果はあがる」です. 管理ゼロで成果はあがる ~「見直す・なくす・やめる」で組織を変えよう作者: 倉貫義…

メジャーリーガーの「撮れ高」を可視化する - 得点期待値で遊ぼう

誰のグラフかは、最後に登場しますお見逃し無く! 本当はこのイベントでLTする予定の内容でした*1. bpstudy.connpass.com 結果的に「有言不実行」となってしまい悔しいのと、何気に分析とストーリーはできてたのでちゃんと供養したいと思います. Basball Pla…

BPStudyとわたしの5年 - 技術・野球でキャリアの出世魚になるまで #bpstudy

※写真はこちらから引用しました(Baseball Play Study 2017冬より) 先に断っておくと、純然たる野球ネタではなく、単なるふりかえりです. 春の到来と共に、ついにこちらのシーズンがやってまいりました⚾*1 bpstudy.connpass.com 18人(+主催の@haru860さん…

CTOになる前・なった後に学んだこと - 「エンジニアのためのマネジメントキャリアパス」を読んで

去年からメチャクチャ気になってた「エンジニアのためのマネジメントキャリアパス」、読みました&あっという間に読了しました.*1 エンジニアのためのマネジメントキャリアパス ―テックリードからCTOまでマネジメントスキル向上ガイド作者: Camille Fournier,…

うわっ…私のpandas、遅すぎ…?って時にやるべきこと(先人の知恵より)

※あくまでもイメージです(適当) 仕事じゃなくて、趣味の方の野球統計モデルで詰まった時にやったメモ的なやつです.*1 一言で言うと、 約19万レコード(110MBちょい)のCSVの統計処理を70秒から4秒に縮めました. # 最初のコード $ time python run_expectan…

「世界一の野球エンジニア」を目指して - 2019年の目標と行動・スタンス

本題とは関係ありませんが、正月二日目は散歩して久々に旧図書館に行きました、あけましておめでとうございます!*1 早速ですが、今年、2019年の抱負は、 「世界一の野球エンジニア」として、チームそして自分を次のステージに進ませる 自分個人とチームの成…

野球エンジニア1年目 - 2018年ふりかえり

タイトルの通り、年内にふりかえっておこうと思います. 写真はWinter Meeting2018...の入り口です、ついにここまで来たか感あります(詳細は後ほど). 一年をふり返って(TL;DR) 野球エンジニアになって、着実に前に進んだ一年かなと思っています(総括). …

Python本まとめ・2019年版 - Webとデータ分析を初心者が仕事にするまで

毎年恒例、Pythonの本と学び方のまとめ・2019年バージョンとなります. ※ちなみに昨年版はこちら 改めましてこんにちは、Pythonと野球を仕事にしています、@shinyorke(Python歴おおよそ8年)ともうします. なお、Python その2 Advent Calendar 2018 12/24記…

あえて、スクラムを「捨てる」勇気 - 「越境」のための言語化とプラクティス選び

DevLOVE Advent Calendar 2018、18日目のエントリーです. と、同時に「Retty Scrum Meet up〜2018.12.18〜」でLTやったよ!っていう報告でもあります. 別に釣りたいわけじゃありません(汗) そんな話をこちらでしてきました. retty.connpass.com 自分がどう…

33分4秒で理解できるDjangoアプリのキャッシュ実装 - LT対策と賞味期限という話

NHK.一応フラグ回収しときますねw*1 Django Advent Calendar 2018、14日目の記事です. Python(と他の色々なモノ)を駆使して野球をしています、 @shinyorkeと申します. PyLadies Tokyo - 4周年記念パーティのLTで、Djangoのアプリを披露したのですが、 その…

nuxt-coreuiでデータサイエンスの可視化ダッシュボードを自作してみる

このエントリーは、Vue.js #3 Advent Calendar 2018アドベントカレンダー初日の記事です. 開幕投手をつとめます、@shinyorkeと申します. この記事では、「データサイエンスもいいけど自前で可視化ダッシュボード作ると面白いぞ!」っていうテーマで、 nuxt-c…

勉強会・もくもく会に参加する際に守ってほしい2つのこと - Webスクレイピングと立ちふるまいの話

人によっては割と耳に痛い話かもですが、エンジニアのコミュニティやイベント、ひいてはインターネットを私達が平和に優しく渡り歩くためにも、ちょっと言っとかないとアカンかも、と思い書きます. 具体的には先日、私が主催しているイベント(Pythonもくも…

Vue.jsとDjango REST FrameworkでSPAなWebをやる時の勘どころ - HATEOASと非同期処理(の触り)

ボストン・レッドソックスの皆さん、世界一おめでとうございます!*1 野球ってほんと面白いですね、こんばんは野球エンジニアです.*2 このエントリーでは楽しい野球技術、Vue.jsとDjango(Django REST Framework、以下DRFと略す)の話をサクッと書きたいと思…

フロントエンド開発に迷ったら「Vue.js入門」を読もう - JavaScript関連の書籍とかまとめてみた

先日のPyCon JP 2018の野球の話にてVue.js(Nuxt.js)の話をした結果、技術評論社様のご厚意により、一冊頂戴いたしました. Vue.js入門 基礎から実践アプリケーション開発まで作者: 川口和也,喜多啓介,野田陽平,手島拓也,片山真也出版社/メーカー: 技術評論…